jobチェンマスターの情報発信基地

暮らしと仕事に「役立つ」情報を発信するブログ

【人生における選択】間違いなんて1つもない!

この記事をシェアする

 突然ですが今朝皆さんは朝食に何を食べられましたでしょうか?

 

「パン」「和食」、はたまた食べないという「選択」を取られた方もいられると思います。

 

人生はこんな小さなことから、「就職」「結婚」等、大きなことまで、日々「選択の繰り返し」だと最近よく感じます。

 

「選択」の結果、良い結果が待っていたり、反対に悪い結果が待っていたり、一見するとその「選択」によってその後の展開が「良し悪しのどちらか」に転ぶかのように普通は考えます。

 

それ故に「後悔」が生まれたり、今起きている「悪い現象」に目が行き過ぎることが生じてくると思います。

 

けれど、「良し悪し」は表裏一体で、「選択」の結果待っている未来は、いつも「良いことも悪いこと1セット」だと私は思います。

 

それが見えてくると、きっと「後悔」や「悪い現象」に対して、前向きに捉えられるようになると思います。

 

本日は実際私がこれまで取ってきた「選択」をお伝えし、「良し悪しは1セット」ということをお伝え出来ればと思います。

 

 

 

 

 

 

「選択①」アメリカ留学を諦める

 実は私は幼少期からドラムをやっていて、プロを目指していました。そして大学はアメリカの有名音楽大学を目指し留学を検討していました。

 

そんな時、母が病気で他界致しました。母が他界し、それまで厳格だった父も何だか覇気が無くなっていきました。

 

父は私の留学を応援してくれましたが、どうしても一人父を日本に残していけない私は、「留学を諦めて日本に残るという選択」をしました。

 

その結果待っていた未来は...

  1. 悪い結果:夢を諦めることになった
  2. 良い結果:日本で進学した大学で一生の仲間と出会えることが出来た

 

進学における「選択」で夢を諦めることになりましたが、その「選択」が無ければ今財産となっている「一生の仲間」に出会うことは出来ませんでした。

 

この時の「選択」の先に待っていた未来は、やはり「良し悪しが1セット」でした。

 

「選択②」初めての転職

私は新卒で大手メーカーに就職を致しました。リーマンショックがあり、ちょうど就職氷河期といわれた時代なので周囲からも大変羨ましがられました。

 

そんな大企業を2年弱で辞め転職をするという「選択」をとりました。

 

正直とても不安でしたが、考えぬいた上での決断でしたので後悔は当初からありませんでした。

 

その結果待っていた未来は...

  1. 悪い結果:踏み入れたこともないような地方配属となった
  2. 良い結果:配属となった土地で現在のパートナーと出会えた

20代前半、遊びたい盛りでもありましたので、知り合いも一人もいない地方への配属になった時は本当に気持ちが落ち込みました。

 

けれどこの転職という「選択」をしなければ、この土地にきて今のパートナーと出会うこともなかったのです。

※パートナーとの時間に関する記事も掲載しております。y

 

ここでもやはり、「選択」の先待つ未来は「良し悪しが1セット」でした

 

「選択③」結婚という選択

私は本当に仕事人間で、結婚とは無縁の人間であったと今振り返ってもそう思います。

 

そんな人間が「結婚」という大きな「選択」をしました。

 

その結果待っていた未来は...

  1. 悪い結果:自由な時間が減った
  2. 良い結果:子どもを授かり一生の宝を手に入れた

休日も仕事に精を出す程仕事人間であった私なので、結婚という「選択」を取り、それまであった自分の時間が減ることはあまり良い結果ではありませんでした。

 

しかしそれと引き換えに、価値観までも覆すような「子どもという宝物」を授かることが出来ました。

 

結婚という「選択」をしなければ、今の価値観も、宝物も手に入らず人生が終わっていたかもしれません。

 

そう考えると、やはり「選択」の先には「良し悪しが1セット」の未来が待っていました。


最後に

これまで私の人生を例にとって、色々な選択の場面、その結果待っている未来をお伝えしてきました。

 

どれも一概に「選択の先にある未来」「良し悪しが1セット」であることを感じて頂けたかと思います。

 

アメリカ留学を辞めなければ日本の大学に行くこともなかったであろうし、日本の大学に行かなければサラリーマンになってなかったと思います。そしてサラリーマンにならなければ、転職をすることもなく、パートナーと出会った土地に行くこともなかったでしょう。

 

全ての選択が連なって、今を作り出しているのだとつくづく感じさせれます。

 

もし今何かに「後悔」していたり、「悪い現象に直面している」人がいらっしゃれば、「良し悪しは1セット」ということを考えてみて下さい。

 

今ある「良い現象の側面」がきっと見えてくるはずだと思います。

 

最後までご拝読頂きありがとうございました!