jobチェンマスターの情報発信基地

暮らしと仕事に「役立つ」情報を発信するブログ

【じゃんけん必勝法】1対1のじゃんけんで7割の高確率で勝つ方法

この記事をシェアする

 いきなりですが皆さん「じゃんけん」は得意でしょうか?

 

じゃんけんが苦手な人、はたまた何故か子どもの頃から「じゃんけん」だけは得意で勝つ事が多かった人等、色々な方いらっしゃると思います。

 

私はというと、実は「じゃんけんが大得意」です!

 

子どもの頃に、じゃんけんに関して多くの人が「ある法則で出し手を選ぶこと」に気付いてから、おおよそ1対1のじゃんけんでは負けた記憶がありません。

 

そこで本日は、私が子どもの頃に編み出し、その勝率の高さを20年間かけて実証してきた「1対1のじゃんけんにおいて7割の高確率で勝利する方法」をお伝え出来ればと思います。

 

小さなお子様をお持ちの方は、是非お子様に教えてあげてみて下さい!

 

きっとじゃんけんの勝率がぐっと上がること間違い無しです!

 

 

 

 

 

 

じゃんけん勝率UPの方法

早速私が編み出した「じゃんけんに勝つ確率を上げる方法」をご紹介していきたいと思います。

 

今回ご紹介する方法には、じゃんけんを行う「条件」と、その条件下において選ぶ「出し手の選択」で全てが決まってきます。

 

その1つ1つを詳しく解説していきます。

 

じゃんけんを行う条件

1対1のの勝負であること
最初は「グー」で勝負を始めること

 

まず条件①の「1対1」に関してですが、極論を言うと複数人の「じゃんけん」においても今回ご紹介する方法は勝率を上げることが出来ます。

 

しかしこの方法は、人間の心理を活用した手法の為、参加する人間が増えれば増える程心理のコントロールが複雑化してしまい、1対1の勝負と比較すると勝率は下がってしまいます。

 

ですので「7割の勝率」は、あくまで「1対1の勝負」という条件に限定をさせて頂きたいと思います。

 

また②の「最初はグー」で始めるという条件は、後程詳しくご説明致しますが「人間の心理」をつく上で「必須の条件」になりますので、必ずこの方式でじゃんけんを始めるようにして下さい。

 

「じゃあ最初はグーでスタートね!」と一言相手に促すだけなので、この条件に持ち込む事はそんなに難しいことではないですよね!

 

出し手の選択

上の2つの条件が整えば、あとは出し手の選択のみです。

 

正直今からご紹介する方法は、「最初はグー」の後の、次の一手で勝負は全て決まってしまします!

 

逆に言うとその一手で勝利することが出来なければ、その後はもう運任せになってしまいます。(その場合は自力で頑張って下さい。すみません。)

 

ただその一手さえ間違えなければ「7割の高確率」でじゃんけんに勝利することが出来ます。

 

それでは「最初はグー」の後に出す「出し手」は「グー・チョキ・パー」のどれが良いのでしょうか?

 

<答え>
「最初はグー」の後は必ず「グー」を出す!

 

嘘だと思われる方は一度試してみて下さい!「最初はグー」の後に「グー」を出せば、かなりの確率でじゃんけんに勝利することが出来ます。

 

是非一度この法則を相手に伝えず、まずはご家族の誰かとじゃんけんをしてみて下さい!

 

なぜこの方法で勝つことが出来るのか?

f:id:Dfamily:20181022212734j:plain

 

実はじゃんけんは海外でも使われているらしいのですが、この方法が通用するのは日本人のみに限られます。

 

この「日本人のみ」というのが「最初はグー」の後に「グー」を出せば勝つ確率が上がる理由と密接に繋がっております。

 

皆さんこの歌はご存知ですよね?

 

「グ~チョキパ~で、グ~チョキパ~で、何作ろ~?何作ろ~?...」のフレーズでお馴染みの手遊び歌「グーチョキパ―で何作ろう」

 

小さい頃に誰しも聞いたことがあり、大人になった今でも皆が歌える曲です。

 

日本人は小さい頃からこの歌にあるように、自然と「グーの次はチョキ」「チョキの次はパー」と、頭に刷り込まれているのです。

 

この刷り込みがあるが故に、「最初はグー」で始めるじゃんけんの第一手に、ほとんど人が「チョキ」を出してしまうのです!

 

これが、「最初はグー」の次に「グー」を出せば高い確率でそのじゃんけんに勝つ事が出来る理由になります。

 

実際に試してみました!

子どもの頃から現在までこの手法で確かに高確率でじゃんけんに勝っており、肌感覚で7割以上の勝率はある!と実感していますが、果たして本当に7割の勝率があるかを実験してみました。

 

出来れば50人・100人と多い人数で実証したい気持ちは山々ですが、現実的にそれほどの人数とじゃんけんをしている程時間に余裕もないので、今回は職場の同僚10人とじゃんけんをしてみました!

 

その結果がこちらになります!

 

10人とのじゃんけんの結果

f:id:Dfamily:20181022214406j:plain


ご覧の通り、10人とじゃんけんを行い「7勝2敗1分」と、綺麗なまでに勝率7割を叩き出すことに成功致しました! 

 

10人という少ない人数での検証になりますが、明らかに勝ち越しているのは明白であり、きっと更に多くの人数で検証をしても近しい勝率を叩き出せるはずです!

 

私のこれまでの経験から言っても間違いありません!

 

きっと試して頂ければこの「勝率の高さ」を実感して頂けると思いますので、是非試してみて下さい!

 

最後までご拝読頂きありがとうございました!