jobチェンマスターの情報発信基地

暮らしと仕事に「役立つ」情報を発信するブログ

上辺だけに聞こえない!相手にもっと喜んで貰える効果的な褒め方

この記事をシェアする

普段友達や職場の同僚と会話をしている時、ささいなことでも褒めらると嬉しい気分になりますよね。

 

でもたまにふと、「本当にすごいと思っているのかな?」と、何だか上辺だけの言葉に聞こえてしまう時もあります。

 

自分が褒めれらている時にその様に感じているということは、もしかしたら自分が誰かのことのを褒めている時にも同じように相手に「何だか上辺だけな感じがするな...」と思われているかもしれません。

 

何となく周りの人に同調する形で、「すごいね!」「かわいいね!」と発しているだけでは、もしかしたら「上辺だけ」と思われている可能性が高いかもしれません。

 

そこで本日は、主に営業マンがセールスのテクニックとして活用する「FAB」という手法を活用した、相手に「上辺だけじゃあないな!」と感じて貰える「効果的な褒め方」をお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

「FAB」とは何か?

FABというのは、主に営業マンが「商品の特徴」を相手により効果的に伝える為に用いる「セールステクニック」のことを言い、以下の3つの単語の頭文字を略した言葉になります。

 

<FAB>
F:Future(特徴)
A:Advantage(利点)
B:Benefit(利益)

 

詳しく説明をすると、F(Future)は、その商品が持つ表面的な特徴(長所)のことを言います。

 

そしてA(Advantage)は、その商品の特徴が他の商品と比べてどう優れているか、を表現したものになります。

 

最後のB(Benefit)は、その利点が顧客にどのような良いことをもたらすか、を表現したものになります。

 

少し分かりづらいので、ある車の説明をFABを使用して表現してみたいと思います。

 

FABの具体例(ある車の良い点を説明)

F(特徴):燃費の良い車である
A(利点):今使っている車の1.5倍の燃費の良さである
B(利益):この車を使えばガソリン代が月々〇〇円抑えられて経済的である

 

まずは「F(特徴)」でその車の一押しポイントを説明します。通常であればここで終わってしまうのですが、よりその特徴を相手に魅力的に伝える為に更に話を展開します。

 

その特徴の「A(利点)」、つまり「他の車や今使っている車と比較してどのくらい燃費が良いのか」を説明します。

 

更にその利点を顧客が得た場合にもたらされる「B(利益)」つまり「1.5倍燃費の良い車を使用するとどれだけ経済的か」を説明します。

 

このように「特徴」だけを伝えるのではなく、その特徴の利点、利益と、深く話を展開することで、よりその特徴を相手に効果的に伝えることが出来ます。

 

これが営業マンがセールスの際に使用する「FAB」というテクニックになります。

 

日常生活でのFABを使った効果的な褒め方

f:id:Dfamily:20181024160309j:plain

 

 さてここからが本題になります。先程ご初回した「FAB」という技術ですが、実は日常生活においても大いに活用できるスキルになります!

 

特に私は妻の手料理や、一緒に買い物に出かけた際の服の試着で意見を求められた際に、相手を褒める時にこのスキルを活用しております。

(※あまり広まると妻に通用しなくなるので微妙ですが、気に入った方は気にせずBマークして広めちゃって下さい!)

 

ただ単に「この料理美味しいね!」「その服いいね!」と伝えるだけよりも、きっと相手に喜んで貰える褒め方に変わっていくはずです!

 

それでは日常生活でどの様に「FAB」を活用して相手を褒めていくかを、シーン別に具体例を挙げて見ていきましょう。

 

シーン① 手料理を誉める場合

 このパスタ、ソースが濃厚ですごく美味しいね!

F(特徴):ソースが濃厚で美味しい

 

そう?ありがとう!この前テレビでレシピを見て初めて作ってみたの!

 

そうなんだ!いや、本当に美味しいよ!会社の昼食でよく色んなお店のパスタを食べるけど、お店で食べるパスタより断然美味しいよ!

A(利点):お店で食べるパスタより美味しい

 

本当??そんなに美味しい?うまく出来て良かった!

 

うん!これだけ美味しいパスタならホームパーティーでも絶対皆に絶賛されるよ!

B(利益):ホームパーティでも皆に絶賛される

 

そうかな!?じゃあ今度の休みの日ホームパーティーで出してみようかな!!

 

 

シーン② 買い物中試着した服を褒める場合

このワンピースどうかな?

 

うん色もラインも綺麗だし、すごく若々しくて素敵だよ!

F(特徴):若々しくて素敵

 

え~そうかな...でも若すぎないかな?

 

そんなこと無いよ!〇〇さん(他の人)ならそうかもだけど、〇〇(妻)なら似合ってすごくいいよ!

A(利点):〇〇さん(他の人)ならそうかも

 

そう!?ならこの服にしちゃおうかな??

 

そうしなよ!その服を着て歩いてた5才は若く見られるよ!

B(利益):5才若く見られる

 

 ありがとう!!じゃあこれにしようかな!!

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?本日はセールステクニックである「FAB」を応用し、日常生活における「相手を褒める方法」をお伝えさせて頂きました。

 

ただ単に表面上の「特徴」だけを褒めるのではなく、その「特徴」があることによる「利点」「利益」まで相手に伝えてあげることで、その想いはもっと伝わっていくはずです!

 

是非パートナーや友達、職場の同僚を褒めてあげる時にはこの「FAB」を意識して伝えてあげてみて下さい!

 

最後までご拝読頂きありがとうございました。