jobチェンマスターの情報発信基地

暮らしと仕事に「役立つ」情報を発信するブログ

【初めての母の日は一生に一回しかない】夫から妻へ「感謝の気持ち」を形にしてみる

この記事をシェアする

はじめに

少し時期が過ぎていますが、今日は「母の日」に関する管理人自らの体験から、是非皆さんに共有したいことを記事にさせて頂きたいと思います。

 

「母の日」というと、子どもから母親に感謝の気持ちを形にするのが一般的なイベントだと思います。

 

しかし私は、妻の初めての母の日に、夫である私から妻へ感謝の気持ちを形にしました。実際やってみて、「これは絶対した方が良いことだな」と感じましたので、その理由等をまとめさせて頂きます。

 

子どもが生まれ初めての母の日は「一生に一回」

子どもが生まれると毎年1回必ず「母の日」がやってきます。その度に子どもから何かをして貰えたりして、嬉しい気持ちになることも多いかと思います。

 

しかし「初めての母の日」には、子どもはまだ1歳未満で、勿論何かをして貰えるわけでもなく、母の日を意識する方はほとんどいらっしゃらないと思います。

 

けれど、その「初めての母の日」は、実は「一生に一回」しかやってこないのです。

 

長い月日をかけて、やっと出会えた我が子と過ごす初めての1年、母親としてスタートを始める最初の1年、そんな時に迎える「初めての母の日」なんです。

 

毎日初めてのことだらけの中、一生懸命育児にあたる妻に、夫は「初めての母の日」に何か感謝の気持ちを形にしてみても良いのではないかと私は思います。

 

「母親になってくれてありがとう」そんな気持ちを伝えて、「初めての母の日」を大切な思い出として記憶に残すことは、とても重要なことなのではないかと思います。

 

これから結婚をされる方、これから初めての出産を迎える方々に、是非この「初めての母の日」は「一生に一回しかない」ということを覚えておいて頂ければと思います。

 

きっと、奥さんに何かしてあげたくなると思います。

 

母の日は、「5月12日」です。

 

<まとめ>
■ 「初めての母の日」は「一生に一回」しかこない
■ 「初めての母の日」は子どもは1歳未満
■ 「初めての母の日」には、夫が妻へ感謝の気持ちを形にしてみる
■ 「母の日」は、5月12日です

 

 

管理人の「jobチェン」です! 今回、「初めての母の日」というテーマで記事を書かせて頂きました。実際私は今年妻が「初めての母の日」を迎えました。正直当日までこの「母の日」の存在など頭から抜けておりました。ふとテレビで「母の日」を思い出し、そういえば妻にとって今日は、「初めての母の日」で「一生に一回しかないよな」と思い、カーネーションを買って里帰り先の妻の実家にサプライズで渡しにいきました。本当に思い出に残る良い出来事になったらしく、とても喜んで貰えました!是非これから「初めての母の日」を迎える方々にも、この「一生に一回の初めての母の日」を記憶に残るイベントにして貰えればと思い、記事にして発信させて頂きました。最後までご拝読頂きありがとうございました!