jobチェンマスターの情報発信基地

暮らしと仕事に「役立つ」情報を発信するブログ

アナリティクスで見えるbingからの検索流入「amazon」に注意!

この記事をシェアする

こんにちは、管理人の「jobチェン」です!

 

ブログを始めて1ヵ月が過ぎ、当初から伸び悩む「検索流入」が少しでも増えないかと、日々Googleアナリティクスを活用しその動向を観察しております。

 

そんな中若干ながらアクセスがある「Organic」を見て、少しづつ検索流入が増えているぞ!と1人喜んでいました。

 

しかし少し詳しく見てみると、何やら不思議なワードを発見致しました。

 

アナリティクスのキャプチャー画像はポリシー違反になるようなので言葉で説明致しますが、アナリティクスの「集客→Organic Search」と階層を進んでいくと...

 

キーワードが「amazon」で毎日2~3件アクセスが発生しているのです。

 

どうやらbingを経由してこのキーワードでアクセスがあるようなのですが、どう考えても「amazon」というキーワードで私のサイトに辿り着くとは考えられません。

 

ましてや毎日この「amazon」というキーワードで流入してくるのは明らかに不可解です。

 

この正体を把握しようと色々と検索してみるものの、一向に答に辿り着くことが出来ません...。

 

そこで、ここはエキスパートのお力を拝借しよう!ということで、アナリティクスのヘルプフォーラムに投稿し、疑問の解消を図りました。

※ヘルプフォーラム:https://www.ja.advertisercommunity.com/

 

 

もしかしたら皆さんの検索流入元にも、この「amazon」というキーワードでアクセスがきているかもしれませんので、是非参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

「amazon」は検索ワードではなかった!

アナリティクスエキスパートの方に早速下記の様な問い合わせをさせて頂きました。

 

<問い合わせ内容>

アナリティクスの集客を見ていると、ほぼ毎日organic searchでbingより、キーワードが「amazon」という名前でアクセスが2~3件あります。

 これは通常の検索流入のことなのでしょうか? 

それとも何か特殊なものになりますでしょうか?

 正体をどなたかご教授頂ければ幸いでございます。

 

するとものの10分程早速回答が返って参りました!

 

エキスパートの方曰く、普通に考えれば「bingを経由して、amazonというキーワードで私のサイトに辿りつた、検索流入である」

 

成程、やはり検索流入として捉えて大丈夫なんだ!と喜びながら、試しにbingを使用して「amazon」というキーワドで色々と検索をしてみました。

 

しかしいくら探せど私のサイト等には辿り着く気配がありません。

 

そうこうしている内に別の回答が投稿されました。

 

<回答の要約>

自動的にアクセスを繰り返すプログラムであるポッドによる機械的なアクセスで、人の自然な検索によるアクセスでは無い可能性が高い。

 

ぬか喜びもつかの間、なんとやはりポッドというものによる不正なアクセスだったようです!

 

ただ全てが不正なものとも言い切れないらしく、その見分け方は後程ご紹介させて頂きます。

 

ちなみに海外のソースなので英語で意味がざっくりとしかわかりませんが、類似の事例が報告されているようです。

事例:https://marketingsyrup.com/amazon-keyword-google-analytics-organic-traffic-bing/

 

やはり当初の疑惑通り、このOrganic Searchの「amazon」というキーワードでのアクセスは不正なものということが判明致しました。

 

これらのアクセスが見られた場合、「通常の検索流入ではない」と、認識しておかなければいけませんね。

 

ポッド由来の不正アクセスかを調べる方法

先程少し触れましたが、この「amazon」というキーワードでのアクセスが、ポッド由来の不正なアクセスかを調べる方法をお伝えしておきます。

 

<調べる方法>

1,アナリティクスを起動
2.集客→Organic Searchをクリック
3.「amazon」をクリック(※アクセスが発生している場合)
4,セカンダリディメンションからネットワークドメインを選択→「paloaltonetworks.com」と表示されていればポッド由来の可能性が高い!

 

※注意‼※

エキスパートの方曰く、こういったボットはGoogleアナリティクスユーザーのレポートにこうしたドメインを表示させ、悪意あるサイトに誘導することが主な目的らしいので、絶対にアクセスしないこと!とのことです。

 

こういったアクセスには注意が必要のようですね!

 

ポッドによるアクセスを除外できるか?

f:id:Dfamily:20181020185159j:plain

この様な不正アクセスが横行すると、正確な検索流入数を捉えることが出来ず大変迷惑ですよね!

 

そこでこの様な不正アクセスを除外する方法をお伝えしておきます。

 

指定のドメインを除外する方法

1,アナリティクスを起動する
2.管理画面→フィルタをクリック
3.フィルタの追加を選択
4.
新しいフィルタにチェック
5.フィルタ名に任意の名前を入力
6.定義済の「参照元かリンク先を選択」から「ISP」を選択
7.除外したいドメイン(今回の場合「paloaltonetworks.com」)
8.保存する

 

これで指定したドメインからのアクセスを除外することが出来ます。

 

しかしどうやらこの類のものは次々と新しいものが発生するらしく、完全に防ぎ切ることは難しいらしいので、どうしても気になる場合は上記の方法でフィルタをかけられると良いかと思います。

 

最後に

今回たまたまOrganic Searchを詳しく眺めていて、この不正なポッドによるアクセスを発見することが出来ました。

 

この様なアクセスは、悪意あるサイトに誘導する目的の場合もあるので注意が必要です!

 

是非皆さんもこの手のアクセスには注意してみて下さい。

 

最後に今回の記事をまとめおきます。

 

<まとめ>

①bingの「amazon」といキーワードでのアクセスはポッドによる場合の可能性が高い!

②ポッドによる不正アクセスは悪意あるサイトに誘導することが主たる目的な為、絶対アクセスしない!

③基本気にしなくて良いが、気になるようならドメインを除外する。

 

 最後までご拝読頂きありがとうございました!